医師

耳鳴りに悩むなら|いろいろな原因がある!

耳だけではありません

先生

原因はいくつかあります

耳鳴りがするという症状がある場合、原因は耳の異常だけではありません。耳に異常があって起こる場合と、そうでない場合があるという特徴があります。のどやあごなど、耳だけではなく、その周りの部分の異常にも注意する必要があります。普段と違う様子がみられるときには、そのことも医師に伝えます。また、耳鳴りがするときに、難聴があるのかないのかということも、病気を診断するうえで、重要になります。耳鳴りに加えて難聴がある場合、突発性難聴や心因性難聴、急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎、原田病、薬剤性難聴、騒音性難聴などの病気が考えられます。耳鳴りがするが、難聴はない場合、高血圧症や全般性不安障害などの病気が考えられます。

耳掃除に気を付けます

耳の異常を知らせる症状には、耳鳴りの他にも、耳が痛い、かゆい、熱をもっている、耳だれ、耳づまりなどがあります。また、めまいや立ちくらみも耳の異常が原因であることがあります。耳掃除が原因で耳鳴りを引き起こすこともあります。この病名は、外耳道炎といいます。耳掃除のときに、耳かきや爪などで耳に引っかき傷をつくってしまい、そこから細菌が感染して炎症を起こします。症状は耳鳴りの他、耳が詰まったような感じがしたり、かゆみがあったりします。また、耳が痛くなります。とくに耳たぶを引っ張ると痛むことが多いです。多くの場合は、そのまま何もしなくても自然に治ります。耳鼻科を受診すると、傷の消毒と、抗菌薬とステロイド薬が配合された軟膏が処方されます。

声を聞き取りやすくする

ウーマン

家族や友人と会話をしている時に相手の声が聴き取りづらくなったと感じるシーンが増えてきたら補聴器の使用を考えてみるといいです。また、補聴器を作る時にまずすべきなのが耳鼻科に行って現在の耳の状態をチェックしてもらうことが大切です。

詳しく読む

耳トラブルとその対処

病院

ストレスや睡眠不足などが影響して耳に症状が出ている場合、早急に新宿の耳鼻咽喉科を受診して治療をうける必要があります。それ以上症状を悪化させないことはもちろんのこと、他に病気が隠れていないかチェックしていくことで患者自身が安心することが出来るのです。

詳しく読む

聞こえにくいと感じたら

女の人

耳が聞こえにくくなったと感じたら補聴器を使用する事が必用ですが、自分の耳の調子に合わせた物を選ぶ事が大切です。補聴器レンタルであれば、様々な種類の中から自分の耳に合わせた物を選ぶ事ができると共に、メンテナンスの必要が無く安心して使用する事ができます。

詳しく読む